子供英会話講師が語る!本物のバイリンガルに育てるには?

英語学習で苦労してきた親世代は、子どもに早期から英語教育を受けさせることにより、少しでも有利にそして楽に英語を習得してほしいと思っているでしょう。

従来の受験のための詰め込み英語は見直され、日本の英語教育のあり方は根本から改革が進んでいます。

子どもの英会話ビジネスは拡大していて、選択肢も増えてきています。

有名人が子どもを通わせていることで度々話題になる英語のプリスクール、インターナショナルスクールも急激に人気が高まり、日本人の入学希望が殺到しているようです。

一番効率的に英語を身につけさせる教育法とはなんなのか。本物のバイリンガルに育てる究極のメソッドは存在するのでしょうか。

具体的な例を挙げながら考察します。

スポンサーリンク

身近にいるバイリンガルを観察して思う事

私の主人は日英バイリンガルです。日本で生まれて、3歳の時に父の転勤に伴い渡米。

以後、幼稚園から大学までアメリカで教育を受けました。

主人の両親は日本人のため、アメリカに住んでいる時も家では日本語、学校では英語を使って生活していたそうです。

兄弟間は基本英語でしたが、家族全員で話すと英語日本語ごちゃ混ぜの、いわゆる”ルー大柴のようなしゃべり方”になることもあったようです。

彼は人一倍の努力家です。現地校の終わったあとに週3回日本語学校にも通い、日本語学校と現地校の宿題を両方こなしました。

漢字は得意ではなく、今でも読めない漢字が時々あるようですが、日本に住んで仕事をしていくのに不便はないレベルです。

彼がバイリンガルになれたのは、本人が努力したことと、二つの言葉を使い分けるような環境が自然とできていたことが大きかったのではないかと思います。

本人いわく、”今は日本語を使おう”と切り替えているというよりは、相手の顔を見ると適した方の言葉を無意識に話していると言います。

無意識すぎるのか、アメリカで現地の白人の方相手に日本語で応答している時があり、私に「今、日本語話してるよ」と言われて初めて、自分が日本語を話していることに気づいたということがありました。

普段から、アメリカのローカルな生活の中で自然な英語に触れたこと、日本語学校や自宅では当たり前に日本語を話してきたこと。

この瞬時の切り替えを日頃から繰り返したことで、バイリンガルの基礎を築くことができたのではないかと思います。

一度身につけた英語を持続する難しさ

帰国子女の子どもが、日本帰国当初は英語がぺらぺらだったのに、数年後には話すことがほとんどできなくなってしまったと聞くことが度々あります。

これは日本独特の文化とも関係するのではないかと考えます。

日本の学校に通うと、英語の発音が妙にいいとからかわれてしまったり、海外でのことを話すと自慢しているとか気取っていると言われてしまうことがあります。

そのうち人前で英語を話したがらなくなってしまうのです。

移民が多い国や共通語がいくつかの言語にまたがっている国では、あまり起こらないことだと思います。

本当の意味での”英語を話す”ということ

日本人が陥りがちなのが、発音がネイティブに近かったり、正しい文法の文章が作れることが言語を習得したということだと思いこんでしまうことです。

言語はあくまでツールであるということを忘れているのです。

世界の共通語になっている英語に関しては、”正しい発音”などは今さら存在しないと思うのです。

要は”通じる発音”を身につけることが重要です。

実際、海外に行き、なにかどうしても伝えなければいけないことがある時、身振り手振りや単語を並べながら必死に伝えようとします。

相手も一生懸命伝えようとする姿を見て、理解しようと努力するでしょう。

その際に発音や細かい文法を気にする人はなく、その内容がなによりも大切なのです。

私自身、発音トレーニングに取り組み、ある程度自信を付けて、いざ会話しようとなると、話の中身がなにもないことに気づくことがあります。

世間でも言われ始めている、”英語ができることがゴールではなく、英語を使ってなにを伝えるか、なにができるか”が大切なのです。

参考記事:英会話講師が語る!英語が得意な子の性格と特徴とは

これからのバイリンガル教育

本当のバイリンガルとは、自分で考える力をもち、それを2つ以上の言語で表現できる人ということではないでしょうか。

前述したバイリンガルの主人は、現在彼の得意な理系分野の仕事をしています。

英語そのものを仕事にしているわけではありませんが、日本語英語ができるので国際的な幅広い範囲の仕事をすることができています。

得意分野については、英語でも日本語でもプロとして自信を持って意見を述べることができます。

たくさんの教育法が氾濫している中、いい教材はたくさんあります。

ある程度お金をかけて小さい時から英語に親しめば、基礎的な英会話はできるようになるでしょう。

重要なのは、かっこいい英語を話すことを目的とするのではなく、色々な文化に触れて多面的に物事を見る能力を養う事、自分の意見が言えるように普段から発展的な会話を色々な人とかわす事。

親ができることは、こういう環境を作ってあげることではないでしょうか。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Sunny

3児のママでアラフォー主婦。
ロサンゼルスに4年在住し、現地の子育てを経験。
帰国後は、ジュニア英会話講師、英語教育に関する記事の執筆を中心に活動。
学び直しのため大学に編入し、現在は2度目の女子大生を満喫中。