【ローラの驚異の英語勉強法】英語力ゼロから2年で英語ペラペラ!その学習法とは?

ローラ 英語学習法

可愛いタメ口キャラでおなじみだったローラさん。最近ではバラエティ番組でその姿を見かけることがなくなったとは思いませんか?

一方、テレビCMなどではクールな表情を見せてくれている彼女、2016年には映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」でハリウッド進出をしています。

その映画の中ではとても流暢な英語を話しているので、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

実は彼女、映画に出演する2年ほど前までは全く英語が話せなかったというから、さらに驚きです。

どんな英語勉強法を実践したのか?気になりますよね。

あの美貌と愛くるしいキャラクターを併せ持ったローラさんが、2年間必死になって英語を勉強し、見事ハリウッド映画に出演するほどにまで成長し、得た英語力の秘密を探っていきましょう。

スポンサーリンク

あらためて、ローラさんってどんな人?

とはいえ、ローラさんはハーフだから英語力が少しはもともとあったんじゃない?と思う方もいると思いますが、いくらハーフでも日本で生活をし、英語を母国語としていない親の元に生まれ、英語を日常的に使っていない人は私たち普通の日本人と全く同じ環境にいる、ということをお忘れなく。

ローラさんのお父様はバングラデシュ人、お母様は日本人3/4とロシア人1/4のクォーターだそうです。ご両親はすでに離婚されているそうですが、生まれてすぐにお父様とバングラデシュで生活をし、9歳頃までは現地のアメリカンスクールに通っていたそうです。

日本に移住し高校生の時にスカウトされてモデルデビューをします。スカウトされるのも無理はないでしょう。圧倒的なスタイルの良さと美貌。それは当時から変わらなかったのでしょうね。タレントとしても人気が出て、バラエティ番組などで活躍をしていました。

そんなローラさん、日本に来る9歳頃までは英語と現地のベンガル語で生活を送っていたようです。そのため、ネイティブの発音も聞き分けられる、いわゆる英語耳は育っていたと思われます。ですから、彼女の話す英語の発音が良いのも納得がいきます。

9歳に日本に来てからずっと日本語しか使っていなかったのですから、英語は忘れてしまった。というのは無理もありません。ベンガル語について今現在どの程度しゃべることができるのかはわかりませんが、英語は「苦手」とローラさん自身が以前テレビ番組で話していたそうです。

それは、ハリウッド映画に出演する1年ほど前の話。その時はまだ猛勉強中だったのでしょうね。

では、ご自身で「苦手」と言っていたにもかかわらず、克服できたローラさんの英語勉強法は具体的にどんなものだったのか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

ローラの現在の英語力は?

メディアでは「あのテニスプレイヤーより上手」とかささやかれているようですが、「バイオハザード:ザ・ファイナル」のワールドプレミアでの英語でのコメントを聞く限り、抑揚がしっかりとついていて、とても上手です。映画の中でのセリフなどもとても流暢です。

セリフなどはある程度練習していたとは思いますが、共演者とのやりとりなどももちろん英語で会話していたのでしょうから、ローラさんの英語力はかなり高いと思います。Instagramなどにも投稿しているように現在も英語の勉強を続けているようですから、今ではもっとレベルアップしていることでしょう。

ローラの英語勉強法5ステップ

SPEAK ENGLISH WITH ME」というローラさんの英語勉強法を紹介した本が発売されています。その中でも紹介されている英語勉強法が以下のとおりです。

ローラの英語勉強法① 基礎をしっかり身につける

いわゆる中学英語と言われる基本的な語い、文法、定型文などの反復練習をしていたようです。134時間勉強したと自身のTwitterでも投稿しています。

ローラの英語勉強法② 毎日英語に触れる

Twitter以外にもInstagramなどのSNSに英語で投稿したり、マネージャーをアメリカ人の方に変えてもらい英語でやりとりしたりと、日常生活のルーティンの中に英語をどんどん取り入れたようです。これは見習うべき姿勢ですね!

ローラの英語勉強法③ オンライン英会話やアプリを利用する

Skypeのレッスンでは、テーマを自分の興味のあるものにするなど自分から楽しくなるように工夫をしたそうです。教わる立場の人が主体的にレッスンを作るという姿勢は、アクティブラーニングといって日本の教育現場が注目し取り入れているところです。

ローラの英語勉強法④ 英語を話す外国人の友だちを作る

ローラさんなら、仕事などでも外国の方と出会うチャンスは多いでしょうね。SNSの力も大きいと思います。インプットしたものをアウトプットするのには、やはり実際にコミュニケーションをとらないといけませんからね。

関連記事:英語が話せる子供の秘密!英語を使うアウトプットの場所がある

ローラ式英語勉強法⑤ 映画の英語字幕で勉強する

映画で使われている英語はまさに「生きた」英語です。聞いて意味を理解するだけではなく、シチュエーション別に「こういう場合はこのような使い方をするのか」とか、「こういう表情やしぐさと一緒に使うと効果的なんだな」などと参考にできます。女優を目指していたのなら、なおさら参考になったでしょう。

スポンサーリンク

ローラの英語勉強法から学ぶべきこと

このローラが実践した英語勉強法の5ステップは、今すぐ実践できそうなものばかりですね。特別にお金をかけたわけでもなさそうですよね。でも、大事なのは方法というよりも気持ちだと私は思います。彼女がたった2年で周囲が驚くほどの英語力をつけることができたのには2つのポイントがあると思います。

ポイント① 英語学習の目的をはっきりさせる

「何のために、英語を勉強したいのか」ということが明確でないと続けられないと思います。ゴールがどこか分からないのに、「よーいドン!」とスタートするのは無謀です。途中で、疲れて走るのをやめてしまうのがオチです。

ローラさんは、実際に女優としてハリウッド映画に出演したり、UNICEFの活動にも参加したりしています。そういったやりたいこと、夢をかなえるために、英語力は必要不可欠である。しかも、簡単な日常会話だけではおそらく足りないでしょう。目指すところを明確にするのは、正しい方法だと思います。

関連記事:英語子育てママ必見!英語を話すことが最終目的ではない

ポイント② 英語学習を楽しむ

2つ目は楽しんでいるということ。楽しいから続くのであって、辛いのなら続きません。ただ、英語力はすぐに結果が見えるものではありません。勉強し始めは少しの辛抱が必要だったと思います。ローラさんは相当な努力家なのでしょうね。勉強を続けていくうちに、海外の人たちと英語でやり取りするのが楽しくなった!Twitterでコメントしています。

まとめ

モデルや今では女優として活躍する一方、UNICEFの活動に参加するなど多彩な一面を見せるローラさん。バイオハザードの製作プロデューサーも「彼女は、驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性」だと語っていました。

ローラさんは自身のInstagramで「夢に向かって頑張っていこうっと」と映画に出演したことを振り返っていました。夢を持ち、実際に行動に移している人はキラキラと輝いていますね。その内側から溢れ出るパワーが、周りの人の心をも動かすのでしょう。

これからも、ローラさんの美貌、そして活躍から目が離せませんね!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ミツコ

2人の男の子と旦那様と北海道で暮らしています。趣味は映画鑑賞、読書とサックス演奏です。体力維持のために毎朝のヨガとラジオ体操も欠かせません!アメリカへ語学留学とカナダへワーキングホリデーの経験があり、自宅の教室では子どもたちに英会話を教えつつ、世界へ視野を広げられるよう、お手伝いをしています。