毎日使おう!子供の“自己肯定感”を高める使える英語フレーズ 10選

英語フレーズ 自己肯定感が高い

自己肯定感とは、自分を無条件で信じられる力のこと。

子供の自己肯定感を育むためには、無条件で自分を信じてくれる存在が必要です。

自己肯定感を高めるための方法は一つではありませんが、最も重要な方法は、普段から「あなたのことを信じているよ。」というメッセージの詰まった言葉を伝えてあげることです。

日本語ではもちろん、英語育児をしているご家庭では英語でも自己肯定感を高めるフレーズを伝えてあげたいですよね。

そこで今回は、毎日使える子供の自己肯定感を高める英語フレーズをご紹介します。

自己肯定感を高める英語フレーズを使うときのポイント

自己肯定感を高める英語フレーズ

何よりもまず子供の存在自体を認めること

自己肯定感を高めるのに最も大切なのが、子供の存在自体を認めてあげることです。

後ほど具体的なフレーズをご紹介しますが、何かができる、できないに関わらず、いつでも何があっても、そのままのあなたが大好き、という気持ちをたくさん伝えてあげることが最優先です。

関連記事:ママができる子供の自己肯定感を高める方法?自己肯定感高い子供、低い子供の特徴

子供を条件付きで褒めるのはNG

褒めるときに注意したいことは、条件付きで褒めるのを避けることです。

例えば何かができたときに、「○○できて偉いね!」「○○できて良い子ね!」とついつい言ってしまうことがあるのではないでしょうか。

○○ができる=良い子」が定着してしまうということは、「○○ができない=悪い子」と感じるようになってしまうということなのです。

その結果、失敗を恐れるようになったり、褒められるために頑張ろうとするようになったりしてしまいます。

結果よりも過程を褒める

何かができたときに、「すごい!」と褒めること、ありますよね。

もちろんそのように褒めることはOKです。

ただ、結果と同時に頑張った過程も一緒に褒めてあげられるとなお良いですね。

また、他の誰かと比べることはせず、もしも比べるのならば子供の今と過去を比べて褒めてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ10

自己肯定感を高める 英語フレーズ

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ1

I love you.「大好きだよ。」

説明するまでもない英語フレーズですが、最も大切な言葉です。

朝起きたとき、いってらっしゃいをするとき、おかえりなさいをするとき、夜眠りにつく前、最低でも14回は子供を抱きしめながら言いたい英語フレーズです。

例え叱られてしまった日でも、ママは自分のことが大好きなのだと安心させてあげることができますね。

子供が小学生で、今更 I love youなんて恥ずかしすぎて言えない、という声を聞いたことがあります。今からでも遅くない。毎日、恥ずかしい気持ちを抑えて、I love youと、言ってみてください。恥ずかしくても、絶対に、お子様は嬉しいに違いありません。

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ2

I trust you. 「信じているよ。」

I believe you.という表現も似たような意味ですが、「trust」は子供の存在そのものを信じていることを伝えられる英語フレーズです。

「あなたが間違ったことをしないと信じているよ。」というニュアンスではなく、「どんなあなたでも信じているよ。」という意味で使ってくださいね。

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ3

I’m always on your side. 「いつでも味方だよ。」

何かを頑張ろうとしているとき、叱ってしまった後、上手くいかないことがあったときなど、ママという味方がいることを忘れないでほしいときに使える英語フレーズです。

何があっても味方でいてくれる存在がいることは、子供にとって大きな安心に繋がります。

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ4

You can do it!  「きっとうまくいく!」

歩こうと頑張っているとき、苦手な野菜を食べようとしているとき、ハサミを使ってみようとしているときなど、子供を応援したいときに使える英語フレーズです。

ママが一ミリの疑いもなくできることを信じてくれていると、「ぼくならできる!」という自信を持てるようになります。

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ5

You did it! / Good job! 「頑張ったね!」

何かを成し遂げたときには、ぜひこの英語フレーズを使ってみましょう。

自分で歩けるようになったとき、苦手な野菜を食べることができたとき、ハサミを使うことができたときなど、子供が成し遂げたことを褒めるときにぴったりの英語フレーズです。

スポンサーリンク

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ6

You tried hard. 「一生懸命頑張ったね。」

何かを上手にできたときだけではなく、やってみたけど失敗してしまったとき、思うようにできなかったときにも、この英語フレーズで挑戦し頑張ったことを褒めてあげましょう。

結果だけではなく過程もしっかり見て褒めてくれることは、子供の自信につながりますよ。

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ7

You’re getting better. 「上手になったね。」

普段していることが、以前よりも上手になったと感じたときに使える英語フレーズです。

お絵かきや歌、踊り、おもちゃで遊んでいるとき、また習い事などの場面で使用できます。

ママはいつも見てくれているということが伝わりますよ。

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ8

Super! / Awesome! / I’m proud of you. 「すごいね!」

こんなことができるなんてすごい!とびっくりしてしまう場面、ありますよね。

その素直な気持ちを英語で言えるように準備しておきましょう。

子供が成し遂げたことに感動したときにぴったりの英語フレーズです。

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ9

Hooray! 「やったー!」

なかなかできなかったことがようやくできるようになったとき、ママも一緒に頑張ってきたような気持ちになること、ありますよね。

そんなときは、子供と喜びを一緒に分かち合いましょう。

Hooray!」と言いながらHigh five(ハイタッチ)をするとより楽しくなりますよ。

子供の自己肯定感を高める英語フレーズ10

Tell me more. 「もっと聞かせて。」

一生懸命に子供がママにお話をしようとしてくれる場面で使える英語フレーズです。

ついつい、家事に追われて、子供が話をしているのを、片手間で聞いてしまうことがありますが、

子供が話したい時は、家事は置いておいて、真剣に話を聞いてあげてください。

自分の話に興味を持って聞いてくれることは子供にとってとても嬉しいことです。

できてもできなくてもあなたが大好き!

さて、毎日使える子供の自己肯定感を高める英語フレーズをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

自己肯定感を高める英語フレーズを使うときのポイントもご紹介しましたが、あまり難しく考える必要はありません。

子供の自己肯定感を高める基本の考え方は、

「何かができるあなたでも、できないあなたでも、心から大好き。」

その上で、「そんなあなたが何かを楽しそうに頑張ったことがママも嬉しい。」

そんな気持ちを込めて言葉を伝えることです。

ぜひ、日本語でも英語でも、自己肯定感を高めるフレーズを使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

藤ひつじ

英文科卒。公立学校英語科教諭、英会話教室講師を経て、専業主婦に。英語が大好き!けれどどうしても限界が…。そんな経験から、未来の我が子をバイリンガルにと密かに計画中!猫とモフモフしながら執筆してます。