Global MOM to MOM

英語育児「お金」と「時間」の問題

英語育児「お金」と「時間」の問題

 

子供が生まれたら
 
ほとんどの親が、
「英語が得意な子になってほしい!」
と思うはず。
 
 
 
 
でも、
 
 
実際に行動に移している人って
少ない気がする、、、
 
 
 
 
子供の英語教育を真剣に考えるとき、
恐らく突き当たる問題、
 
 
 
それは…

「お金」と「時間」の問題
だと思います。

 
 

  • お金をかけたくない…
  • 忙しくて時間がない…
 
 
 

こんな風に考える親が多いかもしれません。

 
 
 
 
でも、
日本に住んでいる限り、
勝手に子供が英語を話しだすことはまずない。
 
 
 
 
 
意識的に外国人や英語と触れる環境を作らない限り、
 
 


英語や外国人と
接点がない人が多い。
 
 
 
スポンサーリンク
 
 
 
日本で普通に生活していると、
 
 
周りはほぼ全員日本人。
日本語オンリーの生活です。
 
 
 
 
 


日本に住みながら
子供をバイリンガルに育てるのは、かなり難しい。
 
 
 
 


仮にインターの幼稚園に行って、
一時的に英語が話せても、
日本の小学校に上がると、
あっという間に英語を忘れてしまいます。
 
 
 
 
このメルマガを読んでいる方の
共通の認識は、
 
 

英語が話せる方が良いに決まってる!!

  
しかも、
20歳で話せるより、
5歳の時点で話せる方が良い。
 
 
 
早い段階で英語が得意だと、
将来の可能性がぐんと広がる。
 
 
 
 
英語ができないことで、
やりたいことを諦めて欲しくない
 
 
 
 
英語ができると、
好きな国に住める!
海外で働ける!
世界中の人とコミュニケーションができる!
 
 
 
英語を使って、
世界に羽ばたいてほしい。
 
 
 
 
 
日本限定の大人に
なってほしくない、、、
 
 
 
 
 
だから、
 
  • お金もかけたくない…
  • 時間もない…
 
親がこの状態の方、
 
 
 
日常生活を見直して、
英語の優先順位をあげる努力をしてください。
 
 
 
 
 
時間がある時だけ、
たま〜に
ゆる〜い英語育児してても、
バイリンガルキッズは期待できない。
 
 
 
 


親のやる気と覚悟がいると思う。
 
 
 
 
子供が英語苦手になったり、
英語が恥ずかしいと感じたり、
手遅れになる前に、
 
 
 
英語ライフスタイルを確立してください。
 
 
スポンサーリンク
 
 
もっと多くの日本の子供たちが
英語を話せるようになってほしい。
 
 
 
 
英語育児は、
早ければ早い方がよい
 
 
 
 
親が英語から遠ざかると、
子供も英語から遠ざかります。