英語が話せないママパパ必見!子供をバイリンガルに育てる秘訣

子どもをバイリンガルに育てたい、でも自分は英語が話せないから難しいのではないか。

そういった悩みを持っている親御さんは、たくさんいると思います。

親が英語を話せることが、バイリンガルを育てる上で必須条件なのでしょうか。

実際のところ、親が英語を話せなくても、きちんとパーフェクトなバイリンガルになっている人はたくさんいます。

私の周りにも、そういう人は何人もいます。

バイリンガルになるために乗り越えないといけない壁

 

では、親が英語を話せないデメリットは何か。

親が話せなくてもバイリンガルに育てるには、どうすればよいのか。

また、親が英語を話すかどうかに関わらず、バイリンガルになるには乗り越えないといけない壁があることはご存知ででしょうか。詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

親がネイティブスピーカーの場合

例えば、パパがアメリカ人でママが日本人の場合。ママと話す時は日本語で、パパとは英語、という子どもがいます。

この場合、子どもは言語を使い分けるとき、”日本語はママ語、英語はパパ語”という感覚で話しています。

小さい頃はママと話すことが一般的に多く、ママ語の方が強くなる傾向にありますが、どちらにしても恵まれた環境であることに違いありません。

しかし思春期くらいになると、状況が変わることがあります。

学校の友達や現地の人との言語以外の言葉を話すことに、抵抗を感じたり、恥ずかしいと思うことが多くなります。

友達との会話が英語だと、ママと日本語で話してるのを聞かれるのを恥ずかしがったり、日本語で話しかけられても英語で答えるということが出てくるのです。

アメリカに永住して現地校に通う日系人の友人に聞くと、思春期に日本語補習学校をやめる生徒はとても多いそうです。

クラブ活動や勉強が忙しくなるから、という理由だけではありません。

親が日本語学校に通い続けることを望んでいても、なかなか日本語を学び続けるモチベーションを保てなかったり、親に対する反抗心なども芽生える時期であり、難しいようです。

恵まれた環境にあっても、自動的にバイリンガルになるというのではなく、やはりがんばらなければ乗り越えられない壁は存在するのです。

それに気づかずにいると、言語習得が中途半端になってしまうということが起こってしまいます。

参考記事:ハーフでも努力なしでは、バイリンガルになれない3つの理由

親が両方英語を話せない場合

では、日本で育つ日本人家庭ではどうなのでしょうか。

日本に住んで、親も日本語のみ話すのであれば、当然英語に日常から触れる機会は少なくなります。

しかし、今の時代は便利なツールがたくさんあります。

お気に入りの映画を英語で見たり、YouTubeで海外の子ども番組を探すこともできます。

英会話教室に通ったりしながら、家でもそういったツールを利用すれば、英語に触れることは十分可能です。好きな番組ができれば、これはチャンスです。

テレビは英語だけで見せるなど徹底すれば、自然と言葉を覚えることができます。

また、子どもが英語を覚え始めた時に、「すごいね、よくできたね」とほめることで、モチベーションを上げてあげることが大事ではないでしょうか。

英語を勉強させられてると感じる前に、英語は楽しいものと思わせることがポイントです。

また、親が話せないということを逆に利用して、「ママ知らなかった。もっと教えて」と声をかけてみましょう。

ママも知らなかったことを自分は知ってると思うと、子どもは嬉しくてもっとがんばろうと思います。

ママに教えてあげる、ということがモチベーションになるのです。

こうして、英語を身につけるための環境を親が整えてあげることは、いくらでもできます。

スポンサーリンク

英語を学ぶモチベーション

しかし、先ほど述べた思春期の壁はやってきます。

勉強の内容も難しくなり、それまでの楽しいだけの学習とは変わって来る頃です。

英語をもっと話したいと思えるか、拒否反応を示すのか、ポイントは本人が英語を学ぶ意味を見いだせるかです。

例えば、将来海外に留学したいといった具体的な目標です。

海外ドラマが好きだからといった理由でも構いません。

よく日本語を熱心に勉強している外国の方に話を聞くと、「日本のアニメが大好きだから。」「日本のアイドルオタクだから。」
そういった理由で日本語の勉強をがんばっているといいます。

そういった時に、親は目の前にあるテストで点を取らせることに躍起になるのではなく、好きなことや目標を見つけて、長い目で英語を続けることができるようサポートしてあげることが必要ではないでしょうか。

参考記事:子どもに伝えたい「何のために英語を学ぶのか?」

結論 バイリンガルを育てるには、環境作りが重要!

親が英語を話せないと、デメリットはもちろんあります。

ですが、それを補うことは十分可能です。

家族で協力し合い、英語環境を整えるようにしましょう。

子どもそれぞれ性格が違うので、その子に合ったモチベーションの維持法も考えてみてください。

そして、大事なのは子どもと一緒に自分も勉強していくという気持ちで取り組むことです。

ぜひ本物のバイリンガルを目指して、子どもと一緒に取り組んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Sunny

3児のママでアラフォー主婦。
ロサンゼルスに4年在住し、現地の子育てを経験。
帰国後は、ジュニア英会話講師、英語教育に関する記事の執筆を中心に活動。
学び直しのため大学に編入し、現在は2度目の女子大生を満喫中。