必見!フォニックスとは?知っておきたい基礎ルールと発音のまとめ

フォニックス(Phonics)は、英語圏のネイティブの子どもたちが読み書きを習うときに使われている英語発音の指導法です。

英語の綴りと発音のルールを学べば知らない単語でも読むことができるようになります。

日本の子どもが「あいうえお」「かきくけこ」と習うようなものです。

ただ日本語のひらがなやカタカナは文字の音がひとつなのに対して、英語には音以外にアルファベットの名称があり、また、読みが漢字のように複数あったりするので少々複雑です。

現在は多くの学校で英語の授業にも取り入れられています。

スポンサーリンク

フォニックスの効果

正しい発音が身につく

フォニックスを習得すると、ローマ字読みではないネイティブのキレイで正しい発音が身につきます。正しい発音が身につけば、英語の聞き取りの間違いがなくなって深く英語を知ることができます。

例えば「cup」という単語はカタカナ読みでは「カップ」ですが、厳密には「p」の部分は「プ」ではありません。スイカの種を飛ばすような感じで、声は発せず息だけが出ている音なのです。ひとつひとつの音を正しく発することでキレイな発音になり、伝わりやすくなります。

英語が聞き取りやすくなる

英語特有の発音が理解できるとリスニング力がアップします。正確な英語の発音が聞き取れる「英語耳」が発達するからです。聞き取れない英語は、発音やスペルが理解できていないことが多いです。つまり、話している人の会話自体が理解できないことにつながります。

発音の構造やルールを知ることが重要なのです。

読めて書けて楽しい

英語を聞いたとき、知らない単語でも正しく発音することができ、文字に変換できるようになります。スペルがわからない場合でも音を聞いて綴りを予測できます。

予測することができれば、調べるのも早くなり自分ひとりで習得することができます。そうなると覚えるのも早くなるので楽しいという気持ちが増して、ますます英語を覚え、ぐんぐん英語力がつきます。

 

フォニックスの基本

母音と子音

「a」「e」「i」「o」「u」(ア・エ・イ・オ・ウの音を使うもの)を母音といい、それ以外の音を子音といいます。

日本語の場合は「アイウエオ」の5つの音しか母音がありませんが、英語には複数あります。

詳しくは「あいうえおフォニックス」というサイトの動画が楽しく伝えています。

https://aiueophonics.com/

(このサイトは母音がメインになっています。)

子音の種類

ここではアルファベット順ではなく、音が近いものを対比させて載せました。

★の行をリズムよく読んでください。大文字はアルファベットの読み、小文字は発音で。お子様が好きそうな単語を選んでみました。

【PとB】

★P for p, p, p, pig, pig, pig(ピー フォー プププ、ピッグ、ピッグ、ピッグという具合。※カタカナはあくまでリズムの参考です)

上のくちびると下のくちびるを合わせたあとに、破裂させます。口の前にティッシュを置いてそれが吹き飛ぶぐらいプッと勢いよく。

★B for b, b, b, bat, bat, bat

「p」に音を付けると「b」になります。

【TとD】

★T for t, t, t, train, train, train

https://aiueophonics.com/consonants/t.html

舌の先を上の歯ぐきに付けて「トゥ」と音を出します。

★D for d, d, d, dog, dog, dog

「t」に音を付けると「d」になります。

スポンサーリンク

【FとV】

★F for f, f, f, frog, frog, frog

上の歯で下くちびるをちょっとだけかんで、息を出します。

★V for v, v, v, violin, violin, violin

「f」に音を付けると「v」になります。

https://aiueophonics.com/consonants/f-v.html

【MとN】

★M for m, m, m, monkey, monkey, monkey

上下のくちびるをしっかり閉じて鼻で発音する。

https://aiueophonics.com/consonants/m.html

★N for n, n, n, notebook, notebook, notebook

舌を上歯ぐきに強くつけて、くちびるは軽く開けたまま鼻で発音する。

https://aiueophonics.com/consonants/n.html

【CとG】

★C for c, c, c, cat, cat, cat

「ク」を言う要領で息を出します。

★G for g, g, g, goat, goat, goat

「k」に音を付けると「g」になります。

ついでに…

【K】

★K for k, k, k, kite, kite, kite

Cと同様「ク」の音です。Cは「ス」の音になるときもありますが、Kは「ク」の音にしかなりません。

【Q】

★Q for q, q, q, queen, queen, queen

「question」や「quiet」など「qu」がセットで発音記号は「kw」です。

【SとZ】

★S for s, s, s, snake, snake, snake

口を「ス」の発音の形にして息を出します。

https://aiueophonics.com/consonants/s.html

★Z for z, z, z, zoo, zoo, zoo

「s」に音を付けると「z」になります。

【RとL】

★L for l, l, l, lemon, lemon, lemon

舌を上歯ぐきにつけたまま「ル」と音を出します。

https://aiueophonics.com/consonants/l.html

★R for r, r, r, rabbit, rabbit, rabbit

舌を巻き上げながら発音します。

https://aiueophonics.com/consonants/r.html

【H】

★H for h, h, h, hat, hat, hat

口をぽかんと開けた感じで奥の方から「ハッ」と息を押し出します。

【J】

★J for j, j, j , juice, juice, juice

「ジュッ」という音を息だけで出します。

【W】

★W for w, w, w, watch, watch, watch

上下のくちびるを突き出すように丸めて「ウォ」と発音します。

【X】

★X for x, x, x, fox, fox, fox

「クス」という音を息で出します。

【Y】

★Y for y, y, y, y

「イェ」という音です。

母音や二文字の組み合わせで様々な音、フォニックス通りにいかない特別な単語もありますが、とりあえず基本を覚えておきましょう。

まとめ

フォニックスにばかり気をとらわれすぎると、混乱して話せなくなってしまうので、あまり気にせず、多少発音が間違っていてもかまわないという気持ちでいきましょう。

余裕ができたときに一音一音に気を配るとキレイな発音につながります。ぜひ練習してください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Rocket

大阪府出身千葉県在住。帝塚山短期大学英米語学科卒。J-Shine小学校英語指導者資格認定者。 区役所施設内のコミュニティセンターで10年程子ども英語サークルを開いたのち、アルクKiddyCAT英語教室認定教師をしていました。今は英語の仕事は休業中ですが、子ども英語教育には関心があります。