[ハロウィンコスチューム] 子供の衣装は手作り?100均?アイデア10選

日本でも、ハロウィンイベントが盛り上がるようになってきましたね。

10年くらい前までは、日本で仮装している人は誰もいませんでしたが、近年は渋谷でお祭り騒ぎになったり、地域で子ども向けのイベントを開催したり、大きなイベントとして定着しつつあります。

そんな中、お子さんにどんなコスチュームを着せてあげようかと毎年アイデアをひねり出すのに苦労する親御さんが続出しています。

去年と同じコスチュームじゃいや!と言われたり、プリンセスドレスさえ着ていれば上機嫌だったお嬢さんが子どもっぽい格好から卒業したり、毎年衣装を考えるのは大変です。

子供のコスチュームに悩むママ・パパにハロウィンコスチュームのアイデアをご紹介します!

スポンサーリンク

1. テレビや映画で人気のプリンセスやヒーロー


出典:http://www.flower-kit.com/

やはり、女の子にとってプリンセスコスチュームは鉄板です。

アメリカに住んでいた5年ほど前のハロウィンの時に、娘のクラスの女の子の8割ほどが、アナと雪の女王・エルサの衣装を着ていたことがありました。

流行のプリンセスは必ずお友達と被ります。

でも女の子なら、一度は着てみたいですよね。

シンデレラや白雪姫あたりも毎年人気ですね。男の子ならレンジャー物や映画に出てくるスーパーヒーローはいつでも大人気。

調子に乗って戦いごっこをする男の子が多いため、武器系小物が禁止になることもありますね。危なくない衣装は鉄則です。

スポンサーリンク

2. 人間以外の映画やアニメのキャラクター


出典:https://www.dcourier.com/

小さい子どもに大人気のアニメキャラクター。

ここ最近はミニオンが圧倒的人気です。

ミニオンは、黄色いシャツにオーバーオールを着せるだけでもそれっぽくなります。お友達とおそろいで着せたら、ミニオン大集合!考えただけでも楽しいですね。

3. インパクト大!食べ物系コスチューム


出典:https://citrus.official.ec/

私が今までで一番衝撃を受けたのは、カップラーメンの衣装です。全身がカップヌードルになっていて、そこから顔と足が出ています。

どこで見つけたのかは謎ですが、大人気でした。

写真撮影の列ができるほどです。

食べ物系は愛嬌があって、受けること間違いなし!見つけるのは大変ですが、、、。

関連ページ:【2018年 大阪】外国人と英語で親子ハロウィン仮装パーティー!

スポンサーリンク

4. 憧れの職業ユニフォーム


出典:https://www.deguisetoi.fr/

消防士、警察官、CA、お医者さんなど。専門職系は流行に関係なく人気があります。

将来なりたい憧れの制服を着て、なりきってみるのもいいですね!

5. 魔女系


出典:https://www.halloweencostumes.com/

流行に関係なく、いつでもかわいく仮装できちゃうのは魔女系です。

暗いとんがり帽子に、マントを付けるだけでそれっぽくなります。

黒いワンピースを着て、小物で演出してみてはいかがでしょうか。

6. 手作り系


出典:http://www.gewaesserschutz.info/

コスチュームを毎年購入するのはお金もかかるし、他の子とかぶってしまう可能性もあります。

それならいっそ、オリジナルコスチュームを手作りしてしまってはどうでしょう。

手作りと言っても、ミシンを出して型紙から作る必要はありません。

アイデア次第で、超簡単に出来てしまうものもたくさんあります。

私のお友達のアイデアですが、段ボールを一面だけくり抜き、テレビのような形を作って、頭から被ります。

そこから顔をのぞかせて、画面の中に自分の顔を出すのです。

「欽ちゃんの仮装大賞」的発想ですね。工夫次第で、お金もかからずかなり面白い作品もできますよ。

7. ホラー系


出典:https://www.pinterest.jp/

ホラー系はまさにハロウィンの神髄です!

メイクも施せば、気分もあがるでしょう!

シンプルに仮面を被るだけでも、薄暗い中で出会ったらギョッとするほどのインパクトです。

流行も関係なく、大人が着ても大丈夫です。パーティに参加すれば盛り上げるのに一役買うことができます。

8. 超シンプル!100円ショップ小物活用


出典:www.aeontown.co.jp

もう時間もない!
面倒くさい!
子どもが乗り気じゃない!
でも、仮装しないとイベントに参加できない!

という時におすすめな超シンプル仮装。

100円ショップの小物が便利です。海賊風眼帯や、ホラー系マスク、魔女風ステッキなど、1つ身につけるだけでそれっぽく見えるグッズがたくさんあります。

ぜひ一度活用してみることをおすすめします!

9. 親子ペアルック


出典:www.fashion-press.net

親子でおそろいのコスチューム、一度はやってみたいですよね。

ママ魔女と娘魔女、博士と助手、赤のストライプシャツを着てウォーリー家族なんていかがですか?

10. 赤ちゃんをうまく活用!


出典:https://www.buyma.com/

赤ちゃんの仮装は、とにかくかわいくて愛嬌がありますよね。

だっこひもで、ママの体の一部にした仮装なんていうアイデアもありますよ。

赤ちゃんというだけでかわいいので、パンプキンの帽子をかぶったり、ハロウィン柄のシャツを着るだけでも許されちゃいます。

私は、Xmas用に買ったサンタの服を着せた事がありますが、大好評でした!

関連ページ:【2018年 大阪】外国人と英語で親子ハロウィン仮装パーティー!

まとめ

いかがでしたか?今年の仮装のコンセプトの手助けになったら幸いです。

個人的には、毎年凝った衣装を新調する必要はないかなと思っています。

兄弟や親戚で使い回したり、同じ衣装に小物を足して雰囲気を変えてみたり。

負担にならないように、工夫して楽しく準備できたらいいですね!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Sunny

3児のママでアラフォー主婦。
ロサンゼルスに4年在住し、現地の子育てを経験。
帰国後は、ジュニア英会話講師、英語教育に関する記事の執筆を中心に活動。
学び直しのため大学に編入し、現在は2度目の女子大生を満喫中。