ママの英語力もUP!英語絵本の選び方と読み聞かせの5つのコツ

子どもにたくさんの英語に触れてもらうために、

絵本の読み聞かせをしてあげたいけど、自分はあまり英語が得意ではない、、、

というパパも多いと思います。

発音に自信がない、読めない単語が出てきたらどうしたらいいのか、悩みは尽きません。

そんな悩める親御さんたちに、英語が苦手でも読み聞かせができるようになるコツを伝授致します!

この英語絵本の読み方のコツを掴めば、ママの英語力UPも期待できますよ!

英語絵本の選び方

どうやって本を選んだらよいのでしょうか。

人気のある作品、長く愛されている作品は、失敗が少なくおすすめです。

まずは、日本でも有名な作品から入ってみてはいかがでしょうか。あらすじがわかっているので、読む側も安心して感情を込めて読む事ができます。

また、自分がいいなと思う内容で、子どもが好きそうなジャンルを選ぶことは重要です。

まずは興味を惹き付けないと、英語だと特に最後まで集中させるのは難しくなります。

英語育児におすすめの英語絵本を3冊ご紹介します。

スポンサーリンク

英語育児にオススメの英語絵本3冊

おすすめ英語絵本① The Very Hungry Caterpillar

カラフルな絵が楽しいエリックカール氏の代表的な作品です。

日本でも人気なので、日本語バージョンも出ていますね。

文字の数は少なく、読み聞かせしやすい代表的な絵本です。子供達もきれいな絵に心を奪われて、飽きる事なく読み終えることができるでしょう。

おすすめ英語絵本② The Three Little Pigs 

こちらも言わずとしれた有名絵本、3匹のこぶたです。

物語がシンプルで、段々とこぶたの家が丈夫になっていく様子は、英語がわからなくても理解できます。オオカミとのやりとりにドキドキハラハラして、飽きる事なく読みすすめることができます。

おすすめ 英語絵本③ The Three Billy Goats Gruff

3匹のヤギの兄弟が吊り橋を渡ろうとすると、化け物のトロールが襲いかかろうとする。

おなじみの「3匹のやぎのがらがらどん」です。トロールの声に迫力をつけると盛り上がること間違いなしです。

私がジュニア英会話講師として読み聞かせをしていて、一番盛り上がるのはこのお話です。

絵はあまりかわいい感じではなく、トロールはかなり怖い感じなのですが、雰囲気が伝わりやすいのか、英語がわからなくても子どもたちは大声を上げたり、大きく反応を示してくれます。

スポンサーリンク

英語絵本の読み聞かせ 5つのコツ

では、お気に入りの本を選んだところで、読み方を工夫してみましょう。

1. 気持ちを込める

まず、ストーリーを把握し、感情を込めて読むようにしましょう。

発音はこの際、あまり気にしすぎず、はっきりと読むことが大切です。

キャラクターをしっかり演じ分けることで、ストーリーが伝わりやすくなります。

2. 子供の反応を見ながら読む

子どもに読み聞かせする時は、ちゃんとストーリーについていっているか、時折反応を気にしながら読みましょう。

読むのに一生懸命になりすぎて、子どもが置いてきぼりなんてことにならないように気をつけてください。

3. 発音は確認しておく、特にアクセントだけは正しく!

ネイティブのように完璧にする必要はありません。

世の中にはいろんな英語があり、アメリカ英語、ブリティッシュ英語、シンガポール英語、インド英語など、訛りも数多く存在します。

ある程度日本語訛りに慣れておくことも、決して悪いことではないのです。

参考記事:[英語育児]ネイティブ並みの発音は不要!世界各国の英語なまりと発音

ただ、ポイントはおさえておく必要があります。英語の発音では、アクセントだけは間違えないようにしたいところです。

日本語のカタカナ文字になっている言葉の場合は、アクセントが無視されていることが多いので、そこだけは確認しておきましょう。

予行練習は、とても大切です。自信がなければ、予習はしておきましょう。あらかじめ苦手な所を確認しておくなどすると、ママの勉強の勉強にもなります。

スポンサーリンク

4. Youtube などのツールに頼る

どうしても伝わらないという時は、読み聞かせツールを使うのも一つの手段です。

YouTubeや読み聞かせCDなどを使うことで、きれいな発音で聞かせることができます。

ただ、完全にPCやiPadに子守りをさせるのではなく、一緒に見ながら楽しむことができたらいいですね。

5. 細かいことは気にせず、自分も楽しむ!

一番のポイントは、自分も楽しむことです!また、繰り返し同じ英語絵本を読むことで、ママの英語力UPも期待できます。

親とのコミュニケーションの中に、自然に英語が入ってくるというのが理想的ですよね。

子どもは上達が早いので、そのうち子どもに間違いを直されるなんていう嬉しいこともあるかもしれません。仕掛け絵本など、面白いものもたくさん出ています。

英語を身につけさせよう!と企みすぎずに、純粋に好きな本を選んで一緒に楽しんでみることもおすすめです!

関連記事:英語力アップにも効果的!本好きの子供に育てる読書習慣をつけるには?

まとめ

いかがでしたか?普通の家庭でも、英語に触れることは簡単にできる時代になりました。

しかし、親からの読み聞かせというのは、きっと子どもにとって特別なものです。

英語が苦手だからと諦めてしまうのはもったいないと思います。

あまり発音などを気にしすぎずに、一緒に楽しもうという気持ちで、気軽に始めていかがしょうか。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Sunny

3児のママでアラフォー主婦。
ロサンゼルスに4年在住し、現地の子育てを経験。
帰国後は、ジュニア英会話講師、英語教育に関する記事の執筆を中心に活動。
学び直しのため大学に編入し、現在は2度目の女子大生を満喫中。