アメリカから学ぶ子供のお誕生日会アイデア 6選

アメリカで子どもの誕生日会に参加すると、その華やかさ、エンターテイメント性の高さに驚かされます。クラスのお友達全員を呼んで、大きなパーティを開くことも珍しくありません。

パーティ好きの人が多いこの国は、とにかくみんな楽しむことが上手です。

パーティ用品専門店などもあり、パーティグッズの種類の多さは目を見張る物があります。

日本での典型的な子どものお誕生日会のイメージと言うと、仲のいいお友達を数人呼んで、ケーキを食べてプレゼントを渡す、というところでしょうか。または、レストランの一角を貸し切るというものよくありますね。

最近では、バルーンを飾ったり、おいしいお店のケータリングをしたりと、ちょっと豪華な誕生日会も増えてきました。

エンターテイメントの本場、アメリカ式の誕生日会はどのようなパーティが人気なのでしょうか。私が実際に参加、または主催したお誕生日会をご紹介します。

スポンサーリンク

お庭でバーベキュー!音楽をかけてにぎやかに

アメリカ人はとにかくバーベキューが大好きです。なにかお祝いや集まりがあると、必ずといっていいほど、バーベキューを楽しみます。

お誕生日会の時も例外ではありません。お庭にイスを並べ、バーベキューを囲みます。

ノリのいい音楽は必須です。おしゃべりも弾みます。こういった時、大抵パパがバーベキューグリル担当になります。額に汗しながら、パパが子どものためにがんばる姿は微笑ましいものです。

子どもたちは広いお庭で遊び回りながら、バーベキューとケーキを食べる。いかにもアメリカらしい光景です。

スポンサーリンク

大きなエアトランポリンをレンタル!お庭が遊園地に

空気を入れてフワフワ遊べる、楽しいエアトランポリン。大きな滑り台型ものなど、種類も豊富です。アメリカではレンタル業者がいくつもあって、機械と一緒に自宅などに届けてくれます。

お庭が遊園地に様変わり!これさえあれば、一日中でも遊べちゃいますね。

エンターテイナーをおうちへ呼んじゃおう!

マジシャンやピエロ、シャボン玉芸人など、子どもを楽しませる達人を自宅に呼んでしまいます。子どもも親も楽しめて、盛り上がります。色々なジャンルの芸があるので、誰にお願いするか迷ってしまうほどです。

間近で名人芸が見られるなんて、贅沢なお誕生日会ですね。

お返しプレゼントは、手品グッズやシャボン玉グッズなど、芸にちなんだものにすると喜ばれます。

サッカーコートを貸切!サッカーパーティー

インドアサッカーコートを貸し切って、お友達みんなでサッカーパーティー。

たくさんのお友達を呼びたい子にぴったりです。

子ども向けインドアサッカークラブでお誕生日パッケージを申し込むと、3時間ほどコートと個室を借りられます。サッカーゲームを楽しんだあと、ピザとケーキを食べるのがお決まりコース。たくさん動いたあとで、おいしさも倍増ですね。

オリジナルサッカーボールのプレゼントもあり、みんなでメッセージを書き込みます。世界に一つのメッセージ入りサッカーボールは一生の宝物になります。

スポンサーリンク

テーマを決めて、みんなでなりきりパーティー

ハロウィンのように、仮装して誕生日会を楽しむコスプレパーティーも人気です。

女の子なら「プリンセスのティーパーティー」、男の子は「スーパーヒーロー大集合」など。

音楽やデコレーションで、気分を盛り上げます。

ケーキはもちろん、大好きなキャラクターのデコレーションで。

プールサイドでピザとケーキを頬張る!夏のプールパーティー

夏はプールパーティ〜が人気です。泳ぎ疲れたら、ピザとケーキを頬張って、また水の中へ。

お庭にプールがあるお宅では、プールパーティーが一番気軽です。ライフセーバーを時間給で雇うのも一般的です。

おうちにプールがなくても、スイミングクラブのプールを貸し切ってパーティすることもできます。バースデイプランがあるところも多く、プール脇のお部屋を借りる事ができます。

大好きなクラフトを楽しめる、ワークショップパーティー

世界に一つだけの自分の作品を作って持ち帰るワークショップ系も人気です。

例えば、陶芸やぬいぐるみ作成、陶絵付けなど。アートスクールなどの設けているバースディパーティプランに申し込み、それぞれ作品を作ります。

アメリカで人気の “Build a bear”というお店では、ぬいぐるみの外身、中身、洋服、小物、香り付け、メッセージボイスなどをカスタマイズしていきます。

世界にたった一つのオリジナルぬいぐるみが作れると大人気です。

思い出に残る誕生日会をしたいなら、作品が残るワークショップ系はぴったりですね。

まとめ

いかがでしたか?日本ではここまで大きな誕生日会はなかなか見かけませんが、できる範囲で華やかなパーティを企画してみるのも楽しいと思います。

みんなが楽しんでくれる姿を想像しながら準備を進めるのも、楽しみの一つですよね。

ぜひアメリカンな気分でパーティを演出して、みんなで楽しんでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Sunny

3児のママでアラフォー主婦。
ロサンゼルスに4年在住し、現地の子育てを経験。
帰国後は、ジュニア英会話講師、英語教育に関する記事の執筆を中心に活動。
学び直しのため大学に編入し、現在は2度目の女子大生を満喫中。