[英語脳とは?] まだ間に合う!自分の子供の英語脳の作り方

英語脳という言葉をご存知ですか?他の言語を介さず、直接英語で物を考え、話したりできることを、英語脳を持っているという言い方をします。

もちろん、本当に脳の中に英語脳という部分が存在するのではなく、あくまでイメージです。

日本人は、日本語を介して他の言語を理解したり、一度日本語で考えてから文章を訳すというプロセスをたどる人が多いかと思います。

しかし、そもそも英語で話しかけられたことを日本語に訳し、その返事を日本語で考えてから再度英語に訳すという作業を、毎回会話の中で繰り返していたら、時間がかかって仕方ないですよね。

やはり、一番効率がいいのは、英語で聞いたことをダイレクトに理解し、それを英語で考えて返事ができることなのです。

小さい頃から英語に触れていると、自然にこういったことができるようになることも多くあります。

自然なシチュエーションの中でフレーズをしみ込ませることで、何も考えずにふさわしい表現が出て来るようになるのです。

スポンサーリンク

英語脳を作れるのは何歳まで?

では、英語脳を作るのに、タイムリミットはあるのでしょうか。

大人になってから英語脳を作ることはもう不可能なのではないかと思う方もいるでしょう。

しかし、地道にトレーニングを重ねることで、それは可能になります。そのために必要なのは、たくさんの英語を「聞く、読む、話す、書く」ことです。

最近特に効果的と言われている「多読」が非常におすすめです。

完全に英文を全て理解できなくても、サクサクとたくさんの英語の文章に触れることで、少しずつ英語脳を築き上げていく方法です。

私自身、英語での読書やニュース読みなどを頻繁にしている時は、突然英語で話しかけられても対応できますが、サボり気味の時には言葉に詰まってしまいます。

同じことの繰り返しであっても日々続けることが、英語脳をキープするために必要です。

多読は効果絶大とわかっていても、慣れない英語を毎日たくさん読むのは簡単なことではありませんね。

まずは少しずつでも構いません。継続することがなによりも大切です。

まさに「継続は力なり」です。

スポンサーリンク

子どもの英語脳の作り方


Eigo Family主催の外国人と英語で遊ぶ英会話イベントの風景

子どもに英語脳を作ってあげるにはどうしたらよいのでしょうか。

子どもであっても、基本的には同じです。

やはり、たくさんの英語に継続的に触れる事。これに尽きるかと思います。

ある程度成長してくると、英語に対する抵抗や羞恥心が出てきてしまうことがあります。

そういった気持ちがでてくる前に、英語シャワーを浴び、気がついたら自然に英語が入ってくるようになっているのが理想ではないでしょうか。

いずれ、自発的に「英語を勉強したい」「英語を使ってなにかをしたい」と思った時、英語脳、すなわち英語の引き出しが既に出来ていれば、あとはボキャブラリーや経験をその中に貯めていくだけです。

 英語ファミリーでは、定期的に外国人と英語で遊ぶイベントを開催しています。英語イベントの一覧はこちらです。

大人と子どもの英語脳の違い

大人になってから英語脳を作り出そうとすると、英語脳、頭の中の英語の引き出しから作り始めないといけません。

しかし、子どもの頃に既にそこまで出来上がっていれば、あとは物を詰めていくだけ!ということです。これは大きなアドバンテージです。

義務教育で中学から英語を習い始めた私は、なぜ小さいころにもっと英語に触れる機会に恵まれなかったのだろうと悔やまれます。

もし、英語の音楽が好きだったら、ディズニー映画を英語で見ていたら、、、と考えてしまいます。

子育て中のパパママ世代の方たちにも、同じように思っている方は多いのではないでしょうか。

もちろん、大人になってしまったからと言ってもちろん諦める必要はありませんし、大学から英語を本気で勉強して、ネイティブ並みの英語を手に入れた人もたくさんいます。それは、本人の気持ち次第です。

英語が苦手なパパ・ママでも、英語子育てを実践し、子供のために英語環境を作っていると、自分もその英語環境に浸っているので、いつの間にか、英語がなんとなく理解できるようになり、自分の英語力がUPしていることに気づく日がきますよ!

子供と一緒に、パパ・ママの英語力もUPするなんて、一石二鳥ですね!

関連記事:子どもに伝えたい「何のために英語を学ぶのか?」

これからの英語教育

今の時代は、英語教育に関しての環境に非常に恵まれています。

インターネットなどを通じて、世界のあらゆる情報を入手できますし、英語学習のツールもあふれています。

子どもに英語シャワーを浴びさせるというのも、さほど難しくない状況にあります。

日本の英語教育は、先進国の中で非常に遅れていると言われてきました。

ようやく日本の政府も動きだし、間もなく小学校で英語が教科化されます。

しかし、新聞記事などを見ていると、現場では戸惑いも多く、軌道に乗るまではまだまだ時間がかかりそうです。

学校の教育だけに頼るのは、やはりちょっと心もとないのではないかと感じます。

英語教育の過渡期にある現在、少しでもお子さんに基礎力を付けてあげることができたら、将来きっと役に立つ日がくるのではないでしょうか。

お子さんには英語脳の引き出しをプレゼントしてあげたら、いつかきっと大きな財産になるでしょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Sunny

3児のママでアラフォー主婦。
ロサンゼルスに4年在住し、現地の子育てを経験。
帰国後は、ジュニア英会話講師、英語教育に関する記事の執筆を中心に活動。
学び直しのため大学に編入し、現在は2度目の女子大生を満喫中。